BLOG

小樽、老舗洋菓子店 米華堂へ 

2021/04/07

昭和3年創業
90年以上も続く北海道小樽、花園の
老舗洋菓子店、米華堂。

惜しまれつつも3月31日に幕を閉じました。

偶然入ったお店だった。
店先の「アップルパイ」の文字に惹かれて入店。
ショーケースに並ぶはずのケーキが見当たらない。
もう、売り切れか?
店内はサラリーマンらしき男性が1人。

ストーブの近くに座り、コーヒーとアップルパイを注文してみる。

お婆さんと言うにはまだ若い女性が注文を取りに来てくれた。
「あのぅ、アップルパイまだありますか?」に、
大きく首を横に振り、さらに手でも大きく横に振る。
そっかぁ。無いんだ。
と、不思議なそして残念な気持ちでコーヒーを飲んでいると、
先程のサラリーマンらしき人がカメラを持って店内を写しだした。

「あのぅ、写ってしまうかもしれませんが。。。」
「あ、構いませんよ」
そんな会話をしてると、奥から奥様がケーキを運び出した。
なぁ〜んだ、あるじゃん❣️
とケーキを頼みに行こうとした時、
カメラマンと奥様の会話が聞こえてきた。

どうやら明日で店じまいするらしい。
ご近所の方や、今までご愛顧頂いた地方のお客様に、感謝を込めて最後のケーキを作ってると。
ご主人がお一人で作っているので、店舗のケーキまでは手が回らないとのことだ。

そう言うことだったんだ!
さっきのお婆さまの態度も納得。。。
何とも言えない感情だったんだろう。

カメラマンの方も昔、取材した方のようで惜しみながら取材を申し込んだよう。

残念だった。
アップルパイ食べてみたかったなぁ。

最後に奥様と色々とお話できた。
ご主人もお年になり1人で切り盛りしていくのは限界らしく、一番残念なのは米華堂さんだろう。
そして、最後にケーキを受け取りに来たご近所さま。

明日からゆっくりしてね。
今まで働きつめだったんだから、少し遊んでね。

などなどの心温まる会話を耳に、お店を出た。

そう、決してコロナで閉店したのでは無い。
お仕事を、やり切ったのだ。
全うしたのだ。

全国の米華堂さんファンの方は本当に残念でならないだろうなぁ。

ホッと一息つけるそんな空間だっただけに、地元の方は特に残念だろう。

お洒落なカフェが増える中、こんなノスタルジックな老舗はなかなかないですもんね。

初めての来店でしたが、ご主人、奥様、おばあさま、お疲れ様でした。

縁あって最後に来店できて良かった。

また、気が向いたらケーキ焼いて欲しいなぁ。

 

以前の記事を見つけたので、まるで昔からの常連だったような気持になりながら読んでみた。

 

 


#北海道#小樽#米華堂 #アップルパイ
#老舗洋菓子店#思い出

#小樽#北海道#アップルパイ#ケーキ#米華堂#老舗洋菓子店#閉店#思い出#老舗#喫茶店